樅山硝子店  
スペーシア取扱認定店 No.N0095
〒451-0063 愛知県名古屋市西区押切1-9-17
TEL:052-531-3045 FAX:052-531-3067
TOP 日本板硝子製品 取扱製品 会社情報 採寸依頼 お問い合わせ
TOP > 日本板硝子製品 > セキュオ/防犯について知ろう
結露について知ろう
真空ガラス「スペーシア」とは
お取替までのステップ
かんたん見積り
Q&A
防犯ガラス「セキュオ」
防犯について知ろう
防犯ガラス「セキュオ」とは
お取替えまでのステップ
かんたん見積り
Q&A
防犯について知ろう
驚くべき事実があります。
一戸建て住宅の場合、ドロボーはピッキングよりも窓ガラスを狙って侵入する犯罪が多いのです。犯罪から暮らしを守るためには、高い防犯性能を持つ窓ガラスが欠かせないのです。
事実1 侵入手口の第一位は、ガラス破り。
一戸建て住宅の侵入手口で最も多いのが「ガラス破り」。調査によると、戸締りを忘れた場合やカギ破りに比べて、群を抜いて多くなっています。それは、一般的によく使われている一枚ガラスや網の入ったガラスがとても破られやすいからなのです。ドロボーが嫌うガラスを選ぶことが、防犯の第一歩なのです。
事実2 最も狙われている、掃き出し窓。
ガラス破りに最も狙われやすいのは、どの窓でしょう?調査によると、開口面積が広く、出入り口になりやすい「掃き出し窓」が52%で最も多く、次いで「腰高窓」「高窓」と続きます。この3タイプの窓で、実に90%以上を占めます。あなたの家の防犯に役立てて欲しい、知識です。
事実3 5分間で侵入できなければ、70%近くがあきらめます。
5分で侵入できなければ、約70%のドロボーが侵入を諦めるというデータがあります。ドロボーは人目を嫌います。窓ガラスからの侵入を防ぐためには、破るのに時間がかかり、大きな音のする窓ガラスを選択し、補助錠を設置するなどの対策が重要です。
▲ページの先頭に戻る
©2017 樅山硝子店